ルアー

【解説】ネコリグにトルキーストレートがオススメな理由【DSTYLE】

こんにちは、ミケです。

バス釣りをしたことのある人なら一度は使ったことがあると思われるネコリグ。

根こそぎ釣るリグの由来の通り、絶対的な釣果を上げて最近は定番中の定番です。

そんなネコリグで使用するワームの中で、僕が最もオススメする

DSTYLEのトルキーストレートについて徹底的に解説したいと思います。

そこで、このページは次のような人にオススメです。

・バス釣り初心者でこれからワームで釣ってみたいなって思っている人

・ネコリグやってみたいけど、難しそうって思っている人

・ネコリグが好きだけど、トルキーストレートを使ったことはない人

では、解説していきます。

トルキーストレートってどんなルアー

現役最強トーナメンターと名高い、青木大介プロが設立したDSTYLEというブランドから

販売されているソフトルアーになります。

サイズは3.8インチ、4.8インチ、5.8インチの3種類が展開されています。

上下非対称なボディ形状が特徴で、他のメーカーの同サイズの製品と比較すると、

ボリューム感のある製品になっています。

普段は4.8インチを基本にして、タフな時は3.8インチ、

もっとアピール力が欲しい時は5.8インチを使用するのがオススメです。

株式会社DSTYLE 公式サイト

トルキーストレートで釣れたナイスなバス。DSTYLEのインスタのストーリーにも載せていただきました。

トルキーストレートのセッティング方法

セッティング方法の説明の前に、ルアーサイズ別のフックサイズと使用するチューブの太さを

一覧にしてみました。セッティングの参考にしてください。

またラインの太さについては、全サイズ共通でスピニングでは3lb〜5lbで、

ベイトフィネスでは8lb〜10lbが推奨です。

サイズ フックサイズ チューブ太さ 入数
3.8インチ #4 4mm 10個
4.8インチ #3 5mm 8個
5.8インチ #2 6mm 7個
セッテイングにはこのようなチューブを使用します。ブランドは特に気にしていません。

それでは、セッテイング方法の説明に移ります。

ワームにチューブを通す

幅2mm程度にカットしたチューブをワームのテールの方から通します。

ここが一番細い箇所になるので、ワームが千切れないように慎重に作業してください。

テールの方から慎重に通します。テールが千切れないように注意です。

 

チューブをセットする

テール側から移動させてきたチューブを一番テール側にあるリブにセットします。

チューブを幅2mmにカットしたのは、このリブに合わせる為です。

一番テール側のリブは、他のリブより幅広くなっているのが見分けがつきます。

ネイルシンカーをセットする

水深や風などの状況に合わせてネイルシンカーをセットします。

ネイルシンカーの重量は1.3g〜1.8gを基準にして使用してみてください。

ネイルシンカーはワームに対して真っ直ぐになるようにセットするのがポイントです
ワームの中心に真っ直ぐシンカーを指します。曲がっているとフォール時に不安定な動きになるので注意が必要です。

フックとセットして、完成

背中のスリットに沿ってフックをチューブとワームの間に引っ掛けるように通します。

これでセッテイング完了です。

完成品です。フックをチューブに引っ掛けるように通します。

オススメできるポイント

誰でも簡単にプロと同じアクションが出来る

チューブを使用することで、ワームに直接ハリが刺さらないセッティングなので

ワームが完全にフリーな状態で、自由に動くことが出来ます。

さらにワームにボリュームがあるので、自分がシェイクなどのアクションさせている時に

どんな風にワームが動いているのかがとても感じ取りやすいです。

また、僕が使用した時の感想ですがフォール中や着底直後のバイトが本当に多いです。

シェイクなどの難しいアクションさせなくても、

ルアー自身の持つ自発的なアクションだけでバスを釣ることが出来ます。

使用者の技量に左右されにくい、オートマティックに釣れるルアーだと思います。

針持ちが良く丈夫

フックがワームに直接刺さっていないので、ワームが千切れにくくかなり長持ちします。

素材も硬めで、連続使用にも耐えられるかなりタフな仕上がりです。

長持ちしますが一匹釣ると、フックが最初のセッティング位置からズレてしまうことが多いので、

ラインチェックと合わせてこまめに位置を確認しながら使用してください。

少し残念なポイント

ネコリグ以外のリグでも使用できますが、水押しが強いボリュームのあるワームなので、

ノーシンカーやジグヘッドの釣りにはパワーが強すぎる感じがします。

同じDSTYLEのワームでは言えば、もっとオールマイティーな使い方を前提に作られた

少し細身のマイティーストレートというワームが発売されてます。

色々なリグでの使用を考えているなら、こちらの方がオススメです。

まとめ:トルキーストレートは最高のワーム

最強のバスプロ、青木大介プロがトーナメントで勝つために作ったルアーは、

バス釣り初心者の人からベテランの人まで、多くの人にオススメ出来る逸品です。

チューブを通す一手間はありますが、一度セットしてしまえば千切れにくく長持ちするので、

コストパフォーマンス的に考えてもオススメです。

まだ使ったことのない人は、是非一度使ってみてください。

では、また。