ルアー

【入手困難】タイニークラッシュの人気の秘密を解明します【ビッグベイト】

こんにちは、ミケです。

皆さんは、ビッグベイトの釣りは好きですか。

僕は今年からビッグベイトの釣りにチャレンジしようと思います。

なぜなら、あのタイニークラッシュを手に入れたからです。

今回はビッグベイトの中でも、

特に入手困難で大人気のタイニークラッシュについてまとめました。

・人気のタイニークラッシュってどんなルアーなのか知りたい人

・どうやって入手したのか知りたい人

・なんであんなに高額で取引されているか疑問な人

このページでは、そんなあなたの疑問に答えていきたいと思います。

タイニークラッシュとは

DRT(ディビジョン・レーベル・タックルズ)という琵琶湖を拠点とする会社が製造しています。

全長は6.6インチ(約16cm) 重さは2ozクラス 定価は5,500円前後です。

ハイフロートモデルとローフロートモデルの2種類があります。

ハイフロートモデルの方が、クランクベイトのように浮力が大きいので、初めて使用する人や、

オカッパリの人に向いているタイプになります。

DRT公式HP

オススメのタックルセッテイング

メーカーが推奨しているタックルは

ロッドの長さが6.6ft〜8ft パワーはMH〜XH ラインの太さは16lb〜25lbとなっています。

一般的なオカッパリでの使用を想定するなら、

ロッドの長さは7ft前後 パワーはH以上 ラインはフロロカーボンの20lbがオススメです。

リールは太いラインが多く巻けて、重いルアーを投げるのでリール自体の剛性も必要なので、

シマノならバンタムMGLがマッチしていると思います。

ビッグベイト専用として使用するなら、18アンタレスDCMDを使用している人が多いです。

ちなみに僕は、重めの巻き物から2ozクラスのビッグベイトまでのルアーを使用したかったので、

18ワールドシャウラ1703R-2と16アンタレスDC HGを組み合わせています。

ラインはシーガーR18フロロリミテッドの20lbです。

7ftの長さで遠投性を、DCリールでライントラブルの防止に重きを置いたセッテイングです。

タイニークラッシュが人気の理由

圧倒的な釣果の実績

タイニークラッシュがここまで人気な理由はとても簡単です。

それは、デカバスが釣れるからです。

SNSなどで検索すると、タイニークラッシュでデカバスを釣った画像がたくさん出てきます。

特に冬や早春などの厳しい状況下の中でも、デカバスを釣って来れるポテンシャルは、

計り知れないものがあります。

変幻自在な使用方法

普通のハードルアーは、潜航深度やアクションなどは変えられないですよね。

ところがタイニークラッシュの凄い点は、リップやテールのパーツを交換することで、

一つのルアーでありながら、色々なアクションの出来るルアーに変えることが出来ます。

パーツの組み合わせで、自分だけのオリジナルセッティングを作れるのも、

タイニークラッシュの人気の理由だと思います。

 

このようにリップとテールが外せます。パーツの組み合わせでオリジナルのセッティングが作れるのも魅力です。

僕がタイニークラッシュを入手した方法

なぜ僕がタイニークラッシュを入手できたのかというと、年末にルアー福袋を購入したからです。

バックラッシュという有名ルアーショップのタイニークラッシュ入り福袋を購入してみました。

別注のカラーのタイニークラッシュが確実に手に入るということで、かなりの競争率でした。

販売開始直後からアクセスが殺到し、なかなか購入画面に辿り着けずにかなり苦労しました。

改めて、入手困難な理由と人気の高さを知ることが出来ました。

バックラッシュの福袋。タイニークラッシュの他にデプスのルアーがたくさん入っていました。

ネット通販以外にも、店舗での景品としてあったりするので、入荷情報などと合わせて、

こまめな情報収集をしていけば購入出来るチャンスは広がると思います。

個人的にはあまりオススメしない購入方法なのですが、

どうしても欲しいという場合は、メルカリで購入するのもアリだと思います。

バス&ソルトのルアーフィッシング通販ショップ:BackLash(バックラッシュ)

転売が多すぎる問題

人気ルアーの宿命とも言えるのですが、とにかく転売されている商品が多すぎます。

現在でも入手困難で人気が高い状況が続いているので、

アマゾンやメルカリでは定価の2〜3倍の価格で取引されています。

限定の別注カラーなどは3万円近い値段で取引されている商品もあります。

また、カスタムパーツであるリップやテールまでも定価買うのが難しい状況です。

欲しくても買えない人がたくさんいるので、こういう行為をする人が減って、

少しでも多くの人の手にタイニークラッシュが渡って欲しいと思います。

まとめ

入手困難なタイニークラッシュですが、手に入れるだけの価値があると思います。

なぜなら数多くの釣果に裏付けされた、本当に釣れるルアーの一つだからです。

欲しくても買えない状況が続いていますが、ぜひ皆さんにも手に入れて貰いたいです。

では、また。