アイテム

【必見】ゼロから学ぶ偏光サングラスの選び方とオススメモデルを紹介します!


 

偏光サングラスって必要?

 

欲しいけど、色々種類があって選べない。

 

購入までの流れが知りたい。

 


釣りを始めると気なってくるアイテムが偏光サングラスでは無いでしょうか?

釣りが上手い人が掛けているイメージがある偏光サングラス。

この記事では、偏光サングラスの必要性から、

実際に購入するまでの大まかな流れをご紹介したいと思います。

僕が実際に購入した偏光サングラスの紹介もありますので、

偏光サングラスの購入を考えている方まで必見の内容になっています。

タレックス公式サイト

 偏光サングラスの必要性

目を紫外線や怪我か守るため

釣りをしている間、私達の目は長時間に渡り紫外線を浴び続けていることになります。

晴れた日に釣りをしていて、目を開けていられない程の眩しさを経験したことはありませんか?

このように多くの紫外線を浴び続けると、白内障を代表とする目の病気のリスクが増加します。

偏光サングラスを使用する事で、光のギラつきを抑えられるので目の病気のリスクの予防になります。

また、釣りをしていると根がかりを外したり、フッキングがすっぽ抜けたりする場面があるかと思います。その時、ルアーが自分の顔に向かって飛んでくるかも知れません。

偏光サングラスをしていれば、目に直接ルアーが当たる事故も防ぐ事が出来ます。

目を守ることは、釣りを長く楽しく続けて上でとても大切なことなのです。

水中が良く見えるようになる

偏光レンズにより水面の反射が抑えられるので、水中が良く見える様になります。

水中の様子が見える事は、釣りをする上で大きなアドバンテージに繋がります

魚の姿や動きに加え、水中に沈んでいるストラクチャーの情報など、普段は見る事が出来なかった

多くの情報を得ることが可能になるのです。

バスプロの方がやっている様な見えている魚を釣るサイトフィッシングは偏光サングラス無しには

成立しない釣り方と言えるでしょう。

不審者感が満載ですが、真夏の釣行では、 偏光サングラス・帽子・ネックゲイターの組み合わせが最強です!!

偏光サングラスを購入するまでの流れ

タレックスの取り扱い店舗を探す

タレックスのホームページから全国のプロショップを探すことが出来ます。

皆さんのお住まいの地域に合わせて、お店を選んで見てください。

レンズカラーを決める

ここが偏光サングラスを作る上で、もっとも大切な要素になります。

偏光レンズのカラーはとても多くの種類があるので、正直どれが良いのか分かりません。

お店のスタッフさんに自分の釣りのスタイルを説明すれば、それに合ったレンズカラーを

何色か提案してくれるはずです。

例えば、朝マヅメや夕マヅメの暗い時間帯の釣りが多いとか、磯などの日差しがとても

キツい状況で釣りをする事が多いとか、店舗に行く前に自分がどんな状況で釣りを

しているかを振り返ってみると良いと思います。

サングラスのフレームを決める

レンズカラーが決まれば、次はフレームを決めます。

フレームもレンズカラー同様にたくさんの種類がありますが、

ここは実際に掛けた時の自分のフィーリングで決めて良いと思います。

レンズコーティングの有無を決める

最後にレンズのコーティングをどうするか決めます。

コーティングはレンズの傷つきを防止するもので、追加料金が発生しますが落下した時などの

ことを考えればやっておいた方が安心です。

個人的なオススメはシルバーミラーコートです。

ミラーコートにする事でサングラスを掛けた際に目が透けにくくなります。

何より見た目がバスプロっぽく見えるので、釣りをしていてテンションが上がります。

完成・受け取り

在庫の状況などによりますが、大体一週間程度で完成となります。

鼻や耳周りの微調整をして貰って、商品の引き渡しとなります。

僕が実際に購入した偏光サングラスの紹介

999.9(フォーナインズ)というメーカーのサングラスに

タレックスのトゥルービュー®︎と呼ばれているカラーのレンズを組み合わせています。

偏光レンズのコーティングは、シルバーミラーコートです。

トゥルービュー®︎は普段見えている感じのまま、眩しさが抑えられていて、

サングラスを掛けた際の違和感がとても少ないのが特徴です。

僕は曇りや晴れた日に釣りをすることが多く、目的地に向かう車の運転から釣りをして家に帰って来るまで、

サングラスを掛けたまま過ごせるものが欲しいとオーダーしてこの仕様になりました。

999.9のフレームは、軽量でホールド感がとても良いです。

それでいて締め付けられる様な感覚は全くないです。

デザインも街中で掛けていても違和感が無いので、釣りをしていない時でも使えるので普段使いとしてもオススメのモデルです。

999.9公式サイト

これが実際に僕が購入した偏光サングラスです。 高級感とスポーティー感のバランスが良くてお気に入りです。

その他のオススメモデル

ティムコ サイトマスターシリーズ

青木大介プロや伊藤巧プロ、川村光大郎プロを代表とする多くのバスプロが着用している

シリーズになります。ちなみにサイトマスターの偏光サングラスはタレックスの

偏光レンズが標準で装備されています。

こちらも購入の際に試着させて貰いましたが、釣りでの使用に特化した製品と

言うだけあって、軽量でズレにくく掛け心地も良かったです。

プロと同じモデルを身に付けて、釣りをしたい人にはオススメモデルです。

サイトマスターブランドサイト

まとめ

偏光サングラスはネットで購入することも可能ですが、

出来るだけお店に行って実際に試着して購入した方が良いです。

なぜなら人それぞれで光の感じ方が違うので、

様々なレンズカラーを試して自分の目に合ったものにすると失敗も少なく、

使用感を含めた全体の満足度も高いと思います。

とにかく組み合わせは無限大なので、自分だけの偏光サングラスを作って、釣りを楽しみましょう!!