ルアー

【KIT】ベーシックに見えるけど、こだわり満載なスピナーベイトをインプレ!!

ハードベイトでの釣りが大好きな僕が最近ハマっているスピナーベイトがあります。

スピナーベイトが好きな人から苦手な人まで、一度は使って欲しいルアーです。

では、早速紹介していきたいと思います。

KITの簡単なスペック紹介

KITはクランクベイトやスピナーベイトなどハードベイトの釣りを得意とする

北大祐プロが設立したルアーメーカー『ペイフォワード』から発売されている

スピナーベイトになります。

サイズは3/8ozと1/2ozの2種類で、それぞれタンデムウィローと

ダブルウィローがラインナップされています。

ペイフォワードの公式サイト

KITのこだわりポイント

ブレードの三角形の穴

『KIT』最大の特徴はブレードの穴の形状が三角形になっている点です。

三角形の方が円形より力が伝わりやすく、ブレードの回転もスムーズになります。

実際に使用してみてブレードの回転が良いので、巻き始め直後とルアー回収直前の

バイトが多かった印象でした。

タダ巻きはもちろん、スローに巻いても回転が止まりづらいので様々が使い方が出来ます。

左:『KIT』と右:『クリスタルS』とのブレードの穴形状の比較。

誰でも使いやすい絶妙なサイズ感

KITはコンパクトのサイズ感で、どんなフィールドでも使いやすいと思います。

サイズ感としてはOSPの『ハイピッチャー』やボトムアップの『ビーブル』に近いです。

川村光大郎プロが使用するテクニックのスピナーベイトを使ったサイトフィッシング

通称:『スピナベサイト』にも使用出来そうです。

タンデムウィローとダブルウィローの使い分け

タンデムウィローの使い方

オカッパリで使用するなら基本はタンデムウィローがおすすめです。

カバー周りなど比較的ショートキャストが多いので、

着水後の立ち上がりが速い、タンデムウィローが有利です。

タンデムウィローでの一匹。野池で使うならタンデムウィロー・3/8ozが基本です。

ダブルウィローの使い方

ダブルウィローは遠投して使う時や、スローにゆっくり巻きたい時におすすめです。

アピール力の高いダブルウィローの方が、遠投してサーチベイト的に使用したり、

気温や活性が低い時にスローに巻きたい時に効果を発揮します。

ダブルウィローでの一匹。水温の低い時はスローリトリーブが効きます。

まとめ 『KIT』を使えば『きっと』バスが釣れる

KITは使う人やフィールドを選ばない、とても使いやすいルアーに仕上がっています。

ベーシックな感じの中に、バスをGETする為のこだわりがたくさん詰まっています。

スピナーベイトが好きな人も苦手意識がある人も、一度は使用して欲しいルアーです。

では、また。