ルアー

【ブラストボーンSF】ドッグウォークで誘う新世代ビッグベイトをインプレ!

お久しぶりです、ミケです。

皆さんはビッグベイトを使った釣りは好きですか。

最近では、ビッグベイトを使ったスタイルも一般的になり、

様々なタイプのビッグベイトが販売されています。

このページでは、次のような用途でのビッグベイトを探している人に

おすすめの内容になっています。

・ハイプレッシャーな場所でもビッグベイトで釣りたい人

・ビッグベイトでカバー周りを攻めたい人

・冬や早春のタフな季節でもビッグベイトで釣りたい人

それでは、これら全ての要素を満たしているブラストボーンSFについて紹介します。

ブラストボーンSFのスペック紹介

ブラストボーンSFはジャッカルから販売されているビッグベイトになります。

長さは、190mm。重さは50.5gです。

SFの名前の通り、スローフローティングタイプのルアーです。

付属品として交換用のテールが一つ入っています。

販売価格は4,000円前後ですが、流通量が少なく高値で取引されています。

株式会社ジャッカル公式サイト

ブラストボーンSFのおすすめポイント

ハイプレッシャー攻略のドッグウォークアクション

最近のビッグベイトはダブルジョイントボディの製品が多いですが、

ブラストボーンは珍しいシングルジョイントボディのルアーです。

シングルジョイントボディだと、上下左右方向の可動域が広いので、

ドッグウォークさせた時の明滅効果が高くなります。

更にドッグウォークアクションの移動距離が短く抑えられるので、

ハイプレッシャーなフィールドでもじっくりと誘う事が出来ます

ダブルジョイントのタイニークラッシュ。シングルジョイントのブラストボーンSF。

カバーを果敢に攻められるビッグベイト

幅広の大きなスクエア形状のリップにより、障害物があっても引っ掛かりにくいです

障害物に引っ掛かりにくいので、カバーの周りを積極的に攻める事が出来ます。

また幅広で大きなリップはアクションさせた時に水を受けやすいので、

ルアーが手前に近づいてくるのを防ぎ、移動距離も抑える効果があります。

幅広のスクエアリップで、移動距離を抑えつつ障害物にも引っ掛かりにくくなっています。

タフな季節でも喰わせるアピール力の高さ

テールがワーム素材で出来ているので、ビッグベイトでありながらも、

ソフトルアーの艶かしさも持っていて喰わせ能力が優れています。

テールの長さも、他のビッグベイトより長くなっていて、アピール力は全体的に強めです。

カバー周りはもちろん、冬から春にかけてのタフな状況下でも喰わせる能力があるので、

一年を通して活躍出来るルアーだと思います。

ブラストボーンのワーム素材のテールは、

エラストマ素材のテールと一緒に保管すると溶けるので注意が必要です。

ワーム素材のテールです。他の2ozクラスのビッグベイトと比較しても長さがあります。

ブラストボーンSFの残念ポイント

テールの固定方法が木棒で固定する感じなので、テール単体での保管がしにくいです。

個人的には普段は癖がつかないようにテール単品で保管して、

実際に釣り場で使う時に組み付けるスタイルが好きなので、

スリット固定タイプの様な、簡単な固定方法であれば良かったです。

交換用のテールです。ジャッカルのWEBショップでも購入可能です。

まとめ:カバーを攻めるならブラストボーンがおすすめ

ブラストボーンSFは、他のビッグベイトでは攻めにくいカバー周りで

本領を発揮する新しいタイプのビッグベイトです。

タフな状況下でも使えるビッグベイトなので、春から冬まで大活躍してくれると思います。

入手するのは難しいですが、タックルボックスの中に一個は入れて置きたいルアーです。

では、また。