ルアー

【D-JIG】汎用性の高いオールラウンドなスモラバをインプレ!

こんにちは、ミケです。

今回はフィネス系ルアーの定番スモラバの中でも個人的にオススメな、

DSTYLEの【D-JIG】についてインプレしていきます。

このページはこんな人にオススメです。

・まだスモラバを使ったことが無い人

・色々なシーンで使えるスモラバが欲しい人

・プレッシャーの高いタフなフィールドで釣りをしている人

それでは、インプレを始めます。

D-JIGの特徴

D-JIGは現役最強バスプロとして有名な青木大介プロのルアーメーカー

DSTYLEから販売されているルアーです。

特徴はオープンな場所はもちろん、水草などのちょっとしたカバーまで、

シチュエーションを選ばずオールラウンドに使えることです。

特定の使用方法に特化していないスタンダードなスモラバなので、

スモラバを初めて使う人でも使いやすいルアーになっています。

フォールスピードも遅めでしっかりとバスにアピール出来るので、

プレッシャーが高く、スレたバスが多い場所がメインの人にもオススメです。

初心者の人は1.8gくらいの重さのジグを使うのが投げやすく扱いやすいのでオススメです。

スタンダードな中にこだわりが満載

絶妙な強さのガード

ガードは1本だけなので、かなり頼り無い感じがすると思いますが、

適度な張りがあるので、ほとんどのカバーでは根掛かりすること無く、

使うことが出来るセッティングになっています。

根掛かりを防ぎつつも、フッキングの邪魔にはならない絶妙なパワーです。

ガードは1本ですが、根がかりすることも少なく、フッキングもキマる強さです。

抜群のフッキング性能

スピニングタックルで、4lb程度の細いラインでの使用を想定しているので、

細いラインを使用しても、しっかりフッキングが決まるだけのパワーがあります。

また、ハリ先が少しだけ外側に向いていることで、

フッキング時の掛かりが良く、魚を掛けてからのバラシも少ないです

D-JIGのフック位置。針先が外向きで掛かり重視なので分かります。

D-JIGにオススメなトレーラーワーム

スモラバの良いところは、トレーラーワーム次第で色々な使い方が出来る点です。

エビなどの甲殻類系が多いフィールド、小魚系が多いフィールドなど、

それぞれの状況に合わせて対応出来るのもスモラバの魅力です。。

DSTYLEからもD1やD2 HOG、シェイクシャッドなど、

D-JIGと相性の良いワームが数多く発売されています。

残念ながら、僕の近所の釣具店ではこれらのワームは取り扱って無かったです。

そこで僕が実際に使って、大体の釣具店で取り扱いがあると思われる、

オススメのトレーラーワームを2種類ほど紹介したいと思います。

ディトレーター

スモラバのトレーラーで悩んでいるなら、まずはディトレーターがオススメです。

ディトレーターはゲーリーインターナショナルから販売されているワームです。

スモラバのトレーラーとして定番かつ人気も高いです。

2.4インチと小さいサイズですが、爪や触角がピリピリ動くので、

非常にアピール力高いのが特徴です。

甲殻類系から小魚系までとにかく汎用性が高いので、D-JIGと相性抜群です。

D-JIG +ディトレーターでの一匹。真夏のタフなコンディションでも釣れる組み合わせです。

ハリーシュリンプ3インチ

ボトムアップから販売されているエビ系のワームです。

ディトレーターよりもアピール力が欲しいなら、ハリーシュリンプ3インチの出番です。

特にエビの多い野池などフィールドで使用するのがオススメです。

D-JIG +ハリーシュリンプ3インチでの一匹。腕が長い分アピール力が強いので、濁った野池で活躍します。

ヘビーカバーは苦手

ほとんどのシチュエーションでオールラウンドに使えるD-JIGですが、

ガードやフックの強さを考えると、へービーカバーでの使用は厳しいです。

同じくDSTYLEからD-JIG COVERというカバー専用設計のスモラバが発売されています。

こちらの方がガードの強さも本数も多く、フックも太軸のものを使用しているので、

ベイトフィネスからパワーフィネスなどの10lbのフロロラインや1.5号のPEラインで

フッキングしてもフックが伸びる心配が無いです。

【D-JIG COVER】ガードの本数が4本に増え、フックの軸も太くなっています。

D-JIGの総合評価

D-JIGは誰にもでも扱いやすく、非常に汎用性の高いスモラバです。

スタンダードな中にも、バスを釣るためのこだわりが詰まった傑作ルアーだと思います。

トレーラーワーム次第で、あらゆるシチュエーションに対応することが出来るので、

自分なりの組み合わせを考えて、スモラバを使った釣りを楽しみましょう。

では、また。