ルアー

【インプレ】ブルスホッグのオススメの使い方を解説します【ボトムアップ】

こんにちは、ミケです。

今回はボトムアップから販売されているブルスホッグ3インチについて解説します。

このページがこんな人にオススメの内容です。

・人気のフィールドでプレッシャーの高い場所で釣りをしている人

・フリーリグやテキサスリグにオススメのワームを探している人

・川村光大郎プロが好きな人

それでは、解説していきます。

ブルスホッグの簡単な説明

ブルスホッグはオカッパリのレジェンド、川村光大郎プロが設立したルアーメーカーの

ボトムアップから販売されているソフトルアーです。

エビや甲殻類を模したホッグ系のワームで、サイズは3インチです。

推奨フックサイズは1/0サイズとなっています。

2020年の秋には3.7インチサイズのブルスホッグダディが登場しました。

Bottomup(ボトムアップ)公式サイト

ブルスホッグの特徴

ブルスホッグは小さめのサイズ感と強すぎないアピール力が特徴です。

川村光大郎プロはオカッパリスタイルが中心のため、釣り人の多いハイプレッシャーな

シチュエーションで釣りをする機会が多いです。

ブルスホッグはそんなハイプレッシャーな状況の中でも確実にバスを釣るための

色々な工夫が詰め込まれています。

ボディがスリム

一般的にホッグ系のワームはボディが太く、手の部分が大きくアピール力が高いです。

そんなホッグ系のワームの中では珍しくボディが細身です。

細身にすることで、スレたバスでも喰わせやすいサイズにしていると思われます。

またカバーのすり抜けも良くなるので、複雑なカバーの中も攻めることが出来ます。

スナッグレス性能が高い

背中とお腹にフックを隠す肉盛りがあるので、スナッグレス性能が高く

複雑なカバーの中にリグを入れ込むことが可能です。

背中側が裂けたら今度はお腹側を使用すれば、ワームも長く使用出来て経済的です。

このように肉盛り部分にフックの針先を隠すことが出来ます。

ブルブル震える操作感

ブルスホッグには今までのホッグ系ワームにはなかった、

パドル部分にスリットが入っています。

これにより、水中でブルブルと振動しながらバスにアピールしています。

このスリットが上手く水を受けて、ブルブル震えるアクションを生み出します。

ブルスホッグにオススメのリグ

ブルスホッグはかなり万能なワームで、これから紹介するリグ以外に、

ヘビキャロやラバージグのトレーラーにもオススメです。

今回は使用方法の中で、個人的に特に実績のあったリグを3つ取り上げます。

使用するシンカーは5g〜7gが使いやすいと思います。

リーダーレスダウンショットリグ

カバーの直下や際を攻めるならこのリグが一番効果的です。

夏の気温の高い時期は、カバーにバスがタイトに隠れるので、

リーダーレスダウンショットのシンカーが真下に落ちる特性が相性がいいです。

障害物に対するすり抜けも抜群なので、根がかりを恐れずに攻めることが出来ます。

シンカー止めを使用した簡易リーダーレスダウンショット。
ボトムを跳ねるようにアクションさせたい時にオススメです。

フリーリグ

フリーリグは、カバーの周辺や少し広いエリアを探るのに向いています。

フォール中や着底直後のバイトが多く、ブルスホッグのフォールアクションの

良さが活かせるリグだと思います。

フリーリグでの一匹。流れのある場所やバスが広く散っている秋にはフリーリグがよく釣れます。

テキサスリグ

テキサスリグの使用方法は、リーダーレスダウンショットとフリーリグの

中間的な使い方で汎用性が高いです。

特に春のカバーがあまり濃くない時期は、テキサスリグの出番が多いです。

シンカー止めで、シンカーが動かないようにすればリーダーレスダウンショットに、

シンカーがある程度自由に動けるようにすればフリーリグ的な使い方出来ます。

テキサスリグでの一匹。障害物にスタックさせて、外れた瞬間に喰ってくることが多いです。

ブルスホッグの残念なところ

アクションの良さを出すために、ワーム素材が柔らかめでハリ持ちが悪いです。

柔らかさによってフッキングも決まりやすいですが、ワームが裂ける確率も高いです。

またタフな状況を想定して作られているので、他のホッグ系のワームと比較すると、

アピール力は少し物足りないです。

もっとアピール力が欲しい場合は、同じボトムアップのワームなら、

3.7インチサイズのブルスホッグダディの出番です。

ドライブビーバーとの違い

ブルスホッグと比較されるワームとして、

O.S.Pから販売されているドライブビーバーが挙げられます。

同じホッグ系のワームですが、しっかりと違いがあります。

ブルスホッグがブルブル系なアクションに対して、

ドライブビーバーは手の部分全体がパタパタ動きます。

その日のバスがどちらのアクションに良くバイトしてくるかで使い分けが可能です

また、ドライブビーバーの方がボディが扁平しているので、

ボディ全体が水を受けやすく、フォール時のアクションが強いです。

ドライブビーバーの方がボディが扁平していて、ヒゲも2本あったりとアピール力があります。

まとめ

僕はブルスホッグを使い始めてから、バスが釣れる回数がとても増えました。

ハイプレッシャーな状態の中でバスを確実に釣るために開発されたワームなので、

オカッパリ中心の人にはオススメです。

ホッグ系のワームはフィールドを選ばず使用できる汎用性があるので、

まだ使ったことのない人は一度使用してみてください。

では、また。