リール

【19アンタレス】最高な巻き心地とバーサタイル性の凄さについてインプレ!

どうも、ミケです。

19アンタレスは次のような人にオススメのリールです。

・新しいリールの購入を考えている人

・巻き物が好きでとにかく巻き心地の良いリールが欲しい人

・オカッパリでロッド一本で色々な釣りをするスタイルの人

簡単なスペックの紹介

自重は220g スプール寸法は34mm径/幅19mm

ブレーキは遠心ブレーキタイプです。

糸巻き量はナイロンラインで12lbが100m巻けます。

フロロ12lbなら約90mが目安になります。

注目は、19アンタレスに初搭載されたマグナムライトスプールⅢ

従来のスプールより薄肉化することで、更なる低慣性化を実現し、

遠投だけではなく、軽量ルアーへのレスポンスも向上しているそうです。

シマノ公式サイト

シルキーな巻き心地

釣り初心者の僕でも分かるくらいにリトリーブ時のノイズがほとんど無いです。

サラサラした巻き心地で、ノーマルギアの19アンタレスとの比較なので一概には言えませんが、

僕の所有している16アンタレスDC HGよりも巻き心地は良いです。

また大きい魚がヒットした時もギアが滑るような感覚は皆無で、

ゴリゴリ巻いて魚を引き寄せる事が出来ます。

巻き心地の良さとファイト時の剛性感は、シマノのリールの中でもトップクラスだと思います。

一年間使い続けましたが、フィーリングの変化も全く無く耐久性に関しても申し分ないです。

圧倒的なバーサタイル性

スプールの大きさが34mm径なので、近距離の打ち物からバイブレーションの遠投まで

オカッパリで使用するルアーウェイトの範囲はほぼ網羅しています。

組み合わせるロッドにも関係しますが、7gから20gくらいまでのルアーの使用感は抜群ですね。

個人的に一番感動したのが、バイブレーションを遠投した時です。

ジャッカルのTN60 TRIGON(18gくらい)を遠投しましたが、笑ってしまうくらい飛びました。

特に秋はバイブレーションの釣りが効果的なので、アンタレスの遠投性が存分に活躍出来ます。

最近のベイトリールと比較すると重量が重いので、カバーを延々と打ち続けるようなスタイルは苦手です。

巻き物メインで時々打ち物もするスタイルの人なら、これ一台あれば他のリールはいらないです。

ちなみに僕が普段使用している時のブレーキ設定は、

ブレーキは少し強めで、バックラッシュのトラブルが起きにくい設定にしています。

この設定でも、オカッパリに必要十分な飛距離は出るのでオススメです。

バイブレーション遠投の場合

内部のブレーキシュー2つON 外部ダイヤルMAX

*追い風なら外部ダイヤルを少し弱めてさらに飛距離を出す

5g〜20gまでのキャスト全て

内部のブレーキシュー3つON 外部ダイヤルMAX

*向かい風なら内部のブレーキーシューを4つONに変更

良いところ

パーミングがしやすい

ボディがコンパクト且つ独特の非対称ボディのおかげでパーミングしやすいです。

窪んでいる部分に親指がしっくり収まり、リールを包み込むようにパーミング出来るので、

ブレること無くリトリーブ可能です。

ただしフルメタルボディなので、寒い日はキンキンに冷たくなるで注意して下さい。

この窪みが本当に絶妙です。非対称デザインなのもカッコイイです。

ブレーキの調整の幅が無限大

19アンタレスは他のシマノのベイトリールと違い、遠心ブレーキの外部ダイヤルに

MINとMAXの表示があるだけで、その間を無段階に調整可能で

自分に合ったブレーキセッテイングをとことん追求出来ます。

遠投性能を求め過ぎてのバックラッシュにはご注意下さい。

無段階の外部ダイヤル。 蠍座のアンタレスを模した赤い加飾が特別感を出してます。

残念なところ

バックラッシュやキャスト時の異音問題

僕は使用していて特に大きなトラブルはありませんでしたが、

ネット上で他の購入者のレビューを見るとバックラッシュが多発する、

またはキャスト時に異音が発生するトラブルが発生しているようです。

そのような個体に当たった場合は、早急にメーカーの方へ修理に出しましょう。

バックラッシュの問題に関しては、メカニカルブレーキのゼロポジションの再設定で

直ることもあるようなので、まずはスプールがカタツキ過ぎていないか確認しましょう。

メカニカルブレーキの整備性が悪い

ベイトリールのメンテナンスでメカニカルブレーキをグリスアップすると思いますが、

19アンタレスはメカニカルキャップの形状が厄介で、一度外れると元に戻すのが困難です。

アンタレスのロゴが回転しないようにする為の構造だと思われますが、そのせいで整備性が

著しく悪くなってしまったのが残念です。

メーカーの説明書にも取り付けが難しい場合は、販売店へお預け下さいとの注意書きがあります。

僕は一年間使用して特に問題は無かったので、オーバーホールの時にグリスアップして貰う程度の

メンテナンスで充分だと思います。

別紙の取り扱い説明書。
外れたら地獄なので、気をつけて下さい。

まとめ

流石はシマノの最高峰ベイトリールだけあって、不満な点はほとんどありません。

高価なリールになりますが、使用時の巻き心地の良さ・剛性感・飛距離は、

本当に素晴らしいので、期待値を裏切るような事は無いと思います。

バーサタイル性も高いので、オカッパリに最適な一台となっています。

では、また。