リール

【18ステラ】シマノのフラッグシップモデルについてインプレッション

このページはこんな人にオススメです

ステラを購入しようか悩んでいる人

ステラって色々凄いらしいけど、何がそんなに凄いのか知りたい人

実際の使用感について知りたい人

それでは、ステラの魅力について語っていきたいと思います。

簡単なカタログスペック

僕が買ったのは2500SHGモデルになります

バス釣りからソルトでのライトゲームまで幅広く使用出来る、

スタンダードなモデルです

シャッドなどの巻き物からワーミングまで色々使いたいので、

ルアーの回収スピードの速いハイギアにしました

自重は205gです。 もちろん、日本製です

糸巻き量はフロロの5lbが100mもしくは、pe0.8号が150m巻けます

シマノ公式サイト

箱から取り出した状態。高級時計が入っているような重厚な箱に入っています。

シマノリールNo.1の巻き心地

ステラの購入を検討している人で、もっとも関心があるのは巻き心地だと思います

もちろんフラッグシップモデルの名に恥じない、最高にシルキーな巻き心地です

ズバリ、ステラを一度使うと他のリールに戻れなくなります

シマノによるマイクロモジュールギアⅡの技術説明の通り、

リトリーブ時はノイズの無い、力強さと軽快さが感じ取れるリールに仕上がってます

ドラグ性能について

ドラグ性能の安心感が凄いです

魚の引きに対して、とてもスムーズにラインが出ていきます。

使用しているラインに応じて、適切なドラグ設定をすれば

ラインブレイクの可能性は限りなくゼロに近づくとは思います

魚とのファイト中にドラグを緩めたり、締めたりしますが、

自分がその瞬間必要なドラグ力に正確に反応してくれます

使用しているラインの太さも関係してくると思いますが、

僕の昨年の釣行では、ファイト中のラインブレイクは一度もありませんでした

このラインが切れない安心感は、精神的な余裕にも繋がるので、

大きい魚がヒットしても焦ること無く冷静にファイトに集中出来ます

ドラグノブにもラメが入っていて、デザインも質感も高級感が感じられます。

剛性感について

ボディとローターを始めとするリールのほとんどのパーツが金属製です

ステラに至ってはドラグノブからハンドルキャップまで金属製になっています

金属製のパーツを使うことで歪みの少ないガッチリとしたリールに仕上がっています

正直、バス釣りでは完全なオーバースペック感はありますが、

ソルトで使用した時など予期せぬ大物がヒットした時は、

きっとこの剛性感が頼りになるはずです

金属製ながら、色々な箇所が肉抜きされていて軽量化にも抜かりがないです。

新技術が満載

ステラはシマノのフラッグシップリールということで、新技術が多く採用されています

ステラに採用されたテクノロジーが、その後発売させる他のモデルにも

採用されていく流れになっています

代表的な例では、最近のシマノのスピニングリールに多く搭載されている

マイクロモジュールギアⅡや飛距離アップに繋がるロングストロークスプールが

最初にステラに採用されていました

新しい技術に触れてみたい人にとっても、ステラはオススメのリールです

最初はステラだけに採用されていたロングストロークスプール。今ではほとんどのリールに採用されています。

五感を刺激するリール

ステラは巻き心地や性能が良いのはもちろんですが、

それに意外にも使用している人の五感を刺激して、釣行時の高揚感に繋がる

工夫が色々とされています

特に、ドラグノブのクリック音・ドラグの作動音・ベールの開閉音が気持ち良いです

言葉では上手く表現出来ないので、購入するしないに関係無く店舗で試してみて下さい

きっとメカ好きな男性なら、そのままステラを購入してしまうはずです

不具合について

ほぼ欠点の無い18ステラですが、ラインローラーから異音がする

症状が出ている個体があるようです

僕は一年間バス釣りだけの使用でしたが、このような症状は現れませんでした

これに関しては、使用している用途や環境によっても違いが出てくると思います

もちろん、初期不良や個体差が原因の場合も考えられるので、

症状が出た場合は、メーカーに一度問い合わせて対応して貰いましょう

使用時の無音を期待している人もいると思いますが、気にならない程度には、

シュルシュル音はします

これに関してはそこまで神経質になる必要はないと思います

問題のラインローラー。前代モデルの14ステラの時からここの異音問題があったようです。

まとめ

シマノのフラッグシップリールということで、見た目も性能も妥協が無く、

シマノの熱意が感じ取れるリールだと思います

リールの中では特に高額なモデルになりますが、使用時の安心感や高揚感

所有感はきっと購入した人を満足させてくれるはずです。

では、また。