ロッド

【1652R-3】18ワールドシャウラ で一番人気の番手をインプレ!

こんにちは、ミケです。

今回はワールドシャウラの中で一番売れているモデル1652R−3について

インプレしていきたいと思います。

このページは次のような人にオススメの内容になっています。

・ワールドシャウラの人気の理由を知りたい人

・高性能でバーサタイルなロッドを探している人

・ハイエンドモデルのロッドの購入を考えている人

それでは、1652R−3のインプレを始めます。

カタログスペック

長さは6.5フィート(1.98m) 自重は115g ロッドパワーはM +

テーパーはレギュラーテーパー 対応ルアーウェイトは7g〜28g

ワンアンドハーフの2ピース構造ですが、グリップを抜いて別売りのエクステンションバットに

交換出来るので実質3ピース構造になっています。

シマノ公式サイト

6ft台のモデルはグリップも抜けます。別売りのエクステンションバットでジギングでも使用可能です。

使用感

マルチパーパススタンダードスペシャルというだけあって、

このロッド1本でほとんどのルアーを扱う事が可能です。

レギュラーテーパーなので、ロッドにルアーの重さを乗せやすく、

ガイドの大きさも相まって、キャストフィールが素晴らしく良いです。

個人的に7gのテキサスリグから20gのバイブレーションぐらいまでの重量のルアー

一番気持ち良くキャスト出来ます。

この辺のウェイトはピッチングから遠投まで、

自分のキャストが上手くなったのかと錯覚するくらいキャストがビシバシ決まります。

1ozクラスの羽モノのダッジも使用しましたが余裕でキャスト可能です。

もちろん5gクラスもキャスト出来ますが、

ルアーウェイトが軽すぎてキャストはあまり快適ではありませんでした。

組み合わせるリールのオススメ

タックルバランス的に軽いリールよりは手元に重量がある重めのリールが相性が良いです。

僕は、19アンタレスのノーマルギアを組み合わせて使用しています。

巻物中心で時々ジグ・ワーミングスタイルの人にドンピシャです。

他のシマノリールでは、バンタムMGLやスコーピオンMGLもアリだと思います。

19アンタレスの組み合わせは黄金コンビです。

ワールドシャウラの優れているところ

高感度

僕はゾディアス166M−2の次に買ったロッドがワールドシャウラ1652R-3なのですが、

同じクランクベイトを巻いている時の感度の差に驚きました。

どちらも動きの感触は伝わってきますが、ワールドシャウラの方が、

高感度でより動きがシャープに伝わる感じです。

トルク感&パワー

ロッドのコンセプトが世界中の魚をターゲットとしているので、パワーが桁違いです。

強引なファイトをしなくても、耐えているだけで魚が浮いてくるほどのトルクもあります。

不意に大きな魚が掛かっても、ロッドが折れるかも知れないという不安が全然無いので、

精神的にも落ち着いて魚とやりとりが行えます。

パワーとトルクが有って一見すると硬そうなイメージを想像しますが、

実際に使用してみると魚の大きさに応じて気持ち良く曲がってくれるので、

サイズに関係なくファイトがとても面白いです。

残念な所

入手しにくい

1652R-3の番手はワールドシャウラの中で圧倒的な一番人気ですが、

入荷数も少なく、例え入荷しても速攻で売り切りてしまいます。

バス釣りだけでなく、ソルトでも使用する人も多い様なので、

欲しくてもすぐに買えない状況が続いています。

確実に手に入れたい場合は、店舗で予約した方が無難です。

専門性に欠ける

ワールドシャウラ全般に言える事ですが、

扱えるルアーの範囲が広いので全体的に使用感がマイルドで、

○○専用という感じでは無いです。

特に底物専用での使用を考えている人がいれば、

ワールドシャウラ以外のロッドで底物に特化した製品の購入をオススメします。

まとめ

オカッパリでロッド1本でバーサタイルに釣りをするスタイルで、

ハイエンドモデルを使用してみたいと考えている人には、本当にオススメです。

価格的に簡単に勧められるものでは無いですが、

購入を悩んでいる人は、ぜひ手に入れてみて欲しいです。

所有感と使用感はきっと期待を裏切る事は無いと思います。

では、また。